三明寺(豊川弁財天)豊川市豊川町波通37
曹洞宗の寺院で正式名は「龍雲山 妙音閣 三明禅寺」、本尊は千手観世音菩薩。 穂の国三十三観音29番霊場三河七福神三河三弁天
三河守 大江定基 が愛妾 力寿 をモデルに自から彫刻して、本尊の弁財天としてお祀りしたと言われる古刹。
境内にある三重の塔は、享禄4年(1531)に建立されたもので、一・二層は和様、三層が唐様の珍しい構造になっており、全てに彩色を用いていないのが特徴。  三重の塔:明治40年5月27日  国の重要文化財  本堂:平成4年2月28日 県指定有形文化財
              とよかわのむかしばなし「 馬方弁天
 三明寺   大江定基 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 

(1)

(2)

(3)写真をクリックすると拡大表示されます

(4)

(5)写真をクリックすると拡大表示されます

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ