大江定基・北条時頼・水野公の墓碑   豊川市八幡町寺前7
三河守大江定基が大宝山の山麓に草庵を結び六光寺とし、天台宗弘道の傍から力寿の冥福を祈ったのが西明寺のはじまりといわれている。
その後、鎌倉の北条時頼 が最明寺入道となって諸国行脚の際、当寺に足を留めたときに六光寺を最明寺と改め禅宗寺院になったという。 その後、永禄7年(1564年)徳川家康 が八幡砦における今川氏との戦いの際本寺に立寄り、空腹をしのいだその恩顧を深く感じ、最の一字を西と改め西明寺なる。
戦乱の時代で当寺院は衰退の途をたどったが、延徳元年(1489年)駿河の刺史水野氏がこの地を領した時、寺の衰微を歎き、尾張国知多郡より太素省淳和尚を招請して始祖とて、曹洞宗寺院を開山し現在に至る。現在、墓域の一郭に定基公・時頼公・水野公(水野信元か?)の墓碑が三開基として祀られている。
西明寺のホームページ   北条時頼 大江定基  水野氏 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年06月19日撮影 】
PHOTO-1

墓地の西北の一段高い所の奥にある。

PHOTO-2

PHOTO-3

左から、北条時頼・大江定基・水野公の墓碑

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ