龍源寺の板碑・鈴木監物の墓   豊川市萩町大門17  龍源寺  板碑
龍源寺の本堂に向かって左手に石段があり、ここを上って行くと墓地がある。 この墓地の左手に古い石碑が立ち並び、そのほぼ中央辺りに、元和9年(1623年)に建てられた鈴木監物重光の供養搭がある。
地上よりの高さ 1.25m、幅 0.65m、厚さ 0.25m と大型であり、且つ、この地方で最も古いことから、昭和52年(1977年)3月31日 指定市指定文化財 となっている。
板碑は田原市の 円通院 にもある。     
東三河の寺院  東三河の墓碑 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年01月24日撮影 】

(1)龍源寺の本堂

(2)本堂前の左手、この石段を上る

(3)墓地の左側にある

(4)鈴木監物の墓

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ