花井寺とサルスベリ  豊川市花井町13-10
松鷲山花井寺は、曹洞宗永平寺派の寺院で、本尊は十一面観世音菩薩。
豊川市内では西明寺 と並ぶ古刹で、三河の国司大江定基の室「花井媛」が、「地藏尊」を奉じて庵を結んだことが始まりとされている。
      とよかわのむかしばなし ふない姫 いわい姫 はない姫」
8月〜9月に訪れると、本堂横の駐車場のそばで、珍しい薄紫色の百日紅の花が咲いている。
      東三河の寺院はここをクリック
花井寺のホームページへ このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年09月16日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ