忠勝寺・森寺忠勝の墓  豊川市御津町西方松本89
忠勝寺は曹洞宗の寺院。
西方の塁 を守っていた森寺清右衛門忠勝は、吉田城 の池田照政の命により塁の鬼門にあたるこの場所に寺を建てて塁の鎮護を念じたという。
忠勝は慶長4年(1599) に没し、その墓が墓地の一角にある。


  池田輝政 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年01月25日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)  森寺忠勝の墓

(10)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ