若宮八幡社のイヌマキ   豊川市伊奈町宮坪1
若宮八幡社 の境内にあるイヌマキは、伊奈城 第3代城主本多正時(泰次)が植えたと伝えられている。
拝殿東側は樹高約18m、幹周約2.7mで町内では最大のもの。 また、社務所前は樹高釣17m、幹周約2.3mある。 樹齢は約500年といわれているこのイヌマキは、2株とも雄株で実はならない。  
平成23年  8月11日   市指定有形文化財

菅原道真 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年11月2日撮影 】

(1) 若宮八幡社

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ