15等級 若宮社の大イチョウ   豊川市小坂井町倉屋敷32番地
若宮社は永禄元年(1558)4月9日の創建で、大雀命を祭神とし、すぐ前にある菟足神社 の祭礼の時に神輿渡御のお旅所となる。
ここに、樹高 約21m、幹周り 約3.7m、推定樹齢 400年以上の大イチョウがあり、季節には沢山の銀杏の実をつける。
        小坂井の昔の話 「 お乳の出る大銀杏


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2010年11月28日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ