旧豊川電話中継所     豊川市西豊町2-35 平成19年12月19日 国の登録有形文化財
豊川電話中継所は昭和2年(1927)7月に日本で3番目の中継所として開所。建築面積346平方メートル,鉄筋コンクリート造2階建。
ここからの電話線は、旧豊川電話装荷線輪用櫓 を通って、長距離に送られていた。
昭和初期における、逓信省の標準的な中継所建築として,数少ない遺構。現在は、民間企業の本社建物として使用されている。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年09月16日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ