行明城跡  豊川市行明町末広
鎌倉時代の建久年間(1190〜1199年)、星野荘の地頭星野日向守が居城し、代々続く。
南北朝時代の城主星野行明の時、三河守護仁木義長によって所領を没収され、室町時代には毛利氏が知行する。
現在は畑地、宅地に変わり、土塁、空堀の一部が残る。
城址の近くには星野行明にまつわる伝説の羽衣の松、星野氏の菩提寺である 行明寺、星野氏の崇敬社である 行明神社 がある。

仁木義長 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年08月02日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ