足山田城跡  豊川市足山田町東城下
1570年頃、地元で城山と呼ばれる標高160m程の小高い山に、武田家の家臣秋山新九郎が築いたとされるが、1573年、武田信玄野田城 を奪い甲州へ帰国の後、徳川家康に攻略されて落城。 この時、秋山新九郎の家臣であった秋山六郎だけが生き残り、長山の地に逃れ、隠れ住んだという。 後に、地元に人たちが彼を偲んで、烈士秋山六郎の碑 を建てる。
現在、城跡はキャッスルヒルカントリークラブの敷地内となり、遺構は残されているというが確認はできない。 キャッスルヒルとは、足山田城を指すのかな?
武田信玄  徳川家康 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年08月02日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ