砥鹿神社節分祭豆まき  豊川市一宮町西垣内2
砥鹿神社 では毎年、節分の2月3日  「節分祭豆撒き」が、10時半、正午、午後1時半、午後3時半の4回行われる。 今回は10時半の豆撒きに行ってみた。
10時の太鼓の合図と共に、裃姿の年男年女らが拝殿でご祈祷を済ませ、10時半になると紅白の幕がかけられたやぐらに登り、福豆を撒く。
豆は三角の 「福豆」 と書かれた袋に入って撒かれ、運が良ければ中に番号の書かれた紙が入っている。 豆撒きが終わった後、その紙を持って 「景品引換所」 に行って番号に応じた品物を貰って帰る。 

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年02月03日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

一日に4回行われる

PHOTO-3

10時から神事が行われ・・・

PHOTO-4

終わった後、全員で記念撮影

PHOTO-5
10時30分、豆撒き開催

PHOTO-6

東西南北、四方向に豆が撒かれる

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

PHOTO-12

左のような福豆を拾うと、中に当たり券が入っていることもある

PHOTO-13

当たり券に書かれた番号の景品と引き換えて帰る

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ