砥鹿神社火焚祭  豊川市一宮町西垣内2
砥鹿神社では、1月15日午後2時頃から焼納神事の火焚祭(ひたきさい)が行われる。
神職により祈願絵馬や願い串、安産柄杓守りなどを燃やして諸願成就を祈う。 
炎が勢いよく立ち上り、絵馬などが燃え尽きると、参拝者は我先にと細い竹に細かく砕かれた鏡餅を刺して火であぶって食べる。
約1時間ほどで、参拝者は三々五々帰って行く。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2016年01月15日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

この絵馬や願い串が焼かれる

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

PHOTO-12

絵馬などが燃え尽きると、参拝者は我先にと細い竹に細かく砕かれた鏡餅を刺して火であぶる。

PHOTO-13

PHOTO-14

PHOTO-15

PHOTO-16

黒く焦げてしまう人もいれば・・・・

PHOTO-17

こんがり旨そうに焼けた人もいる。

PHOTO-18

焼けた餅は、皆、美味しそうに食べていた・・・

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ