砥鹿神社田遊祭  豊川市一宮町西垣内2 平成10年12月21日  市指定無形民俗文化財
1月3日、砥鹿神社 拝殿横に椎の葉を敷き詰めて田圃に見做し、代官・田主・田人・巫女に扮した氏子らが、春の田打行事から稲の収穫までの行事を演じ、五穀豊穣を祈願する。
途中、田人らの即興でのやり取りや、農閑期の休憩には茶を飲み、見物人にも菓子を振舞うなど、初詣で賑わう正月の境内に笑いを誘っている。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年01月03日撮影 】
PHOTO-1

田打行事

PHOTO-2

PHOTO-3

苗代行事

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

籾蒔行事

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

鳥追行事

PHOTO-11

休憩にはお茶を飲み

PHOTO-12

菓子は見物人にも振舞われる

PHOTO-13

PHOTO-14

田植行事

PHOTO-15

田草取行事

PHOTO-16

PHOTO-17

PHOTO-18

稲刈行事

PHOTO-19

PHOTO-20

PHOTO-21

稲束数え行事

PHOTO-22

PHOTO-23

PHOTO-24

祝の行事

PHOTO-25

PHOTO-26

PHOTO-27

PHOTO-28

PHOTO-29

PHOTO-30

PHOTO-31

PHOTO-32

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ