篠束遺跡  豊川市篠束町荒木
豊橋市の 瓜郷遺跡 と並んで、豊川下流に広がる沖積平野の砂堆微高地にある弥生時代中期(約2100年前〜1900年前) の遺跡で、昭和34年6月、豊川放水路工事中に発見見されたもの。
土器は、約200個体分の破片が出土し、石器は、石斧・石鏃・石錐・砥石・石包丁など10数例が、木器は、農具・機織具・容器・狩猟具など、60余例が出土された。出土品は、小坂井郷土資料館 に展示してある。 

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2016年12月06日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ