欠山遺跡(かけやま)   豊川市小坂井町欠山 
欠山遺跡は、弥生最末期のもので、昭和2年(1927)、名鉄本線の敷設工事中に発見されたもの。
ここから出土した土器にちなんでつけられた「欠山式」という形式名は、この時期の愛知県の土器を代表するものとなっている。
昭和9年〜28年の間に4次の調査及び試掘を行い、遺跡は五社稲荷社 周辺一帯の広大な地域にわたり、既に住居跡もいくつか発見されており、かなり広い範囲の村があったと推測されている。
 
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ