12等級 五社稲荷・五社稲荷古墳  豊川市小坂井町欠山1番地 昭和9年3月3日  市指定史跡
文政13年(1830年)2月に、京都伏見稲荷より宇迦之御魂神、宇迦之売神、稚産霊神屋船命、大宮能売神、屋船神の5神を勧請して五社稲荷となったが、延享4年(1747)に社殿が改築された記録(棟札)があるため、創立はそれより古い時期であると考えられる。 例祭日は10月10日。
  小坂井の昔の話 「 五社稲荷の自狐」 毎月1日・15日の月次祭(つきなみさい)には、露店も出て参拝者でにぎわう。  
現在、五社稲荷の社殿が建っている山が五社稲荷古墳で、昭和56年に社殿を建設する時に発見された直径32.5m、高さ 4.75mの円墳だったが、現在、その遺構はない。 
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年01月15日撮影 】

(1) 国道151号沿いの大鳥居

(2)

(3)

(4) 五社稲荷朝市

(5) 五社稲荷古墳  写真をクリックすると拡大表示されます

(6)

(7) 油あげが・・・・・

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)

(18)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ