宝飯郡御津村道路元標    豊川市御津町西方松本
県道384号小坂井御津線が、愛知御津駅 の西で東海道線と交差する北東角に道路元票がある。
ここから線路伝いに駅に向かうと、左手に豊川稲荷遥拝所があり、駅舎の前にはレトロな丸形ポストがある。
明治22年(1889年)10月1日、西方村、泙野村、広石村、豊沢村、金野村の5村が合併して宝飯郡御津村が誕生。
その後、昭和5年(1930年)2月11日、町制施行により御津町となり、平成20年(2008年)1月15日、豊川市と合併して現在に至る。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2018年01月21日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)はっきりと読み取れる

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ