正宗寺(蘆雪寺)(しょうじゅうじ) 豊橋市嵩山町上角庵52
臨済宗妙心寺派の寺院で、山号は嵩山、東三河四郡弘法大師1番霊場
鎌倉時代の永仁年間(1293年〜1299年)に宋から渡ってきた日顔禅師により創建されたと伝えられている。
境内には、鐘楼・本堂・客殿・庫裏が建ち、建坪600坪に及ぶ東三河でも指折りの巨刹で、五本松城 の西郷氏の菩提寺でもある。
山門前には推定樹齢 300年以上にもなり、 とよはししの巨木・名木100選(16) に選ばれている 杉の巨木 があり、鬱蒼とした樹木に囲まれた参道を進んでいると厳粛な気持ちになるが、境内に入ろうとするとセンサーが働き、入境を監視されているようで幻滅  (>_<)
このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

(13)

(14)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ