普門寺    豊橋市雲谷町ナベ山下7番地 普門寺のホームページへ
高野山真言宗の寺院で、山号は船形山。  鎌倉時代、源頼朝が三河の名刹七寺を選んで堂宇を造営させたという三河七御堂 のひとつであり、三河准四国八十八ヶ所20番霊場三河三十三観音番外霊場吉田七福神(大黒天)でもある。
神亀4年(727)に行基がこの地に立ち止まり、2尺8寸の聖観音像を刻んで本尊としたのが始まりとされている。
比叡山との争いで、一時衰するが、源頼朝の叔父と伝えられる化積上人が再興。 化積上人は、頼朝と等身の不動明王を刻ませたといい、今でも身丈不動尊の名で親しまれている。建久元年(1190)、頼朝が上洛する際に宿としたことでも知られいる。    普門寺物語
 行基 空海 源頼朝   このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
  

(1)苔むした参道を振り返る

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)写真をクリックすると拡大表示されます

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ