東海道名残の一本松     豊橋市瓜郷町寄道
県道496号白鳥豊橋線の豊川と豊川放水路の間、旧東海道にポツンと一本、松の木が残っている。 「東海道名残の一本松」と言われているが、当時の松の2世か3世か? その昔は、ここも御油の松並木のようになっていたのだろう…
岩屋町には、旧東海道クロマツ跡(松並木跡)があるが、この松も根元が痛んで痛々しい… 何とか元気になって欲しい…
東三河の名木 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2019年01月30日撮影 】

(1)電柱も松の木だったら良いのに…

(2)ただ一本だけ…

(3)電線を消してしまいたい!

(4)根元が痛々しい!

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ