旧東海道クロマツ跡(松並木跡)  豊橋市岩屋町字岩屋下
二川の旧東海道松並木跡に残った最後の一本の松は、樹高 11m、幹周り 2.34m、推定樹齢 約150年の老木。 この木も朽ちて、ついに 2007年2月28日に伐採された。 その後、根株そのものを伐採したままの状態で残し、ここに当時のクロマツをしのぶ記念碑が立てられている。
以前は「とよはしの巨木・名木」100選 に選ばれていたが、現在は指定解除となっている。
二川宿本陣資料館 には、この松の切株と、元気だった頃の写真パネルが展示されていので、チョッと足を延ばしてみよう・・・・

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

道路沿いには若い松が植えられている

PHOTO-7

二川宿本陣資料館 には、
飯村の松の切株が展示されている。

PHOTO-8

PHOTO-9

展示パネルより

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ