豊橋公園の馬頭観世音     豊橋市今橋町3-1  このページを印刷
豊橋公園 の正面入り口の右側は、道路に沿った低い土手になっている。 この土手の入口に近い所に馬頭観世音あり、裏面には「紀元二千六百年」と彫られている。
この土手の北側が、旧軍隊の廠(うまや)だったことから、軍馬の守護神として昭和16年に建立されたという。
これも 豊橋公園の戦争遺跡 の一つ。 
東三河の石仏  東三河の戦争遺跡 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2019年12月22日撮影 】

(1)正面入り口右手の土手の上にある

(2)左側が道路、右側が公園

(3)馬頭観世音

(4)紀元二千六百年建立

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ