糸徳製糸工場跡(いととく)    豊橋市二川町
群馬県から豊橋に移住した小淵志ち が、明治18年(1885) に製糸工場を設立。
その後、豊橋製糸は盛んになり豊橋を支える産業となる。  糸徳工場は戦後の1958年に閉鎖され、工場跡の標柱は二川地区市民館と二川窓口センターの間にある。 そして、この標柱より南西の角には、工場のレンガ造りの防火壁跡が残っている。
また、小渕志ち像 は岩屋緑地の中にある。

小淵志ち 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年02月27日更新 】
PHOTO-1

標識は、2015年2月まではここにあったが・・・

PHOTO-2

2015年2月からは、地区市民館 と 窓口センターの間に移された。

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

工場のレンガ防火壁跡   <場所はここ>

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ