小渕志ち像  豊橋市大岩町火打坂
小渕志ちは、玉糸製糸の創始者。 志ちは、弘化4年(1847))群馬県の貧しい農家に生まれ、幼いころから母親に繰り糸の紡ぎ方を習い、1879年(明治12)故郷を離れて二川に移り住んだ。 そして、1885年(明治18)二川の隣村大岩で製糸工場(糸徳工場)を創業。 利用価値が少なく、ゴミのように捨てられていた玉繭から糸を紡ぐ製糸法を開発し、1892年(明治25)に玉糸製糸の商品化に成功した。昭和4年(1929)、82才で没。
豊橋は「玉糸王国」と呼ばれるまでに発展し、輸出が盛んとなり、乾繭取引所が豊橋に置かれるようになったという。
銅像の後ろには、「小渕志智子」と書かれているが、これが本名か? 
小淵志ち 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
  

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ