第八国立銀行跡   豊橋市新本町
札木通の本町バス停横にあり、以下の様に記されている。『 第八国立銀行は、旧吉田藩士 中村道太 が中心となって明治10年(1877)に設立された全国で第八番目の国立銀行である。  しかし、次第に経営が行きづまり同18年に名古屋の第百三十四国立銀行に吸収合併された。 』
その後、第十一国立銀行と合併して愛知銀行になり、昭和16年には東海銀行となるが、平成14年(2002年)には三和銀行と合併してUFJ銀行となる。更に、平成18年(2006年)には東京三菱銀行と合併して三菱東京UFJ銀行となり、現在では名前が変わって三菱UFJ銀行となっている。
中村道太の碑豊橋公園内にある。
第八国立銀行  中村道太 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2016年05月07日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)中村道太の碑は豊橋公園内にある。

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ