中村道太碑   豊橋市今橋町3-1 豊橋公園内
中村道太は天保7年(1836)吉田藩士の中村哲兵衛の長男として生まれ、慶応2年(1866)福沢諭吉と師弟関係を結ぶ。 その後、明治5年(1872)丸屋商社(のちの丸善)に入社し社長となる。 そして豊橋に戻り、明治8年(1875)東三河地方で初めての銀行である浅倉屋積金所(つみきんしょ)を設立し、さらに、2年後には、豊橋に第八国立銀行(東海銀行の前身の一つ)を設立。 1880年(明治13)横浜正金銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)頭取となるが、2年半で辞任し、東京米商会所の頭取となる。 しかし、資金を立憲改進党の大隈重信に流したことで失脚。  大正10年(1921) 85歳で死去。
第八国立銀行跡 は札木通りにある。
中村道太 第八国立銀行 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年06月14日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ