高井城趾    豊橋市石巻本町城之内 このページを印刷
築城年代や築城者については定かでないが、石巻山城 を築いた高井主膳正が在城していたという。
高井主膳正は南朝の遺臣であったため、北朝方足利軍に攻められて、興国4年(1343年)12月8日に落城、石巻山に逃れて自刃して果てたといわれている。
城があったと思われる辺りは一面畑地で、わずかに、こんもりした土塁らしきものがある。
      とよはしの民話「 高井のもちつき
東三河の城跡 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2017年12月30日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)竹藪の真下は牟呂用水で、遠くに豊川市街が望める

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ