7等級 賀茂神社    豊橋市賀茂町字神山2
天平元年(729)に創建。 賀茂別雷命、天忍日命、倭宿称命、天照皇大神、豊受姫命、菅原道真、宇気母知命、速須佐之男命を祭神とする。  山本勘助晴幸 の祖父にあたる山本帯脇が神官として勤めていた。
本殿は昭和36年(1961) 3月30日に 県の有形文化財 に指定されている他、様々な文化財がある。
そして、4月第3日曜日には、競馬(くらべうま)で知られる 葵祭 が開かれる。
また、本殿の手前には、徳川家康が 野田城 の合戦に敗走した時、身を隠して危うく危地を脱したという 楠の巨木 がある。
山本勘助晴幸 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年09月07日更新 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

(11)

(12)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ