境橋(ダーダー橋)  豊橋市牛川町道上
県道69号豊橋乗本線の朝倉川に架かる橋で、昔、牟呂用水の水がこの橋の下で朝倉川に放水される時に「ダーダー」と音がしていたので、「ダーダー橋」と呼ばれていた。
昭和41年(1966年)10月12日、東三河地方を襲った集中豪雨で朝倉川が氾濫し、豊橋警察署の警察官が舟艇で住民を救助したが、急流に押し流されて境橋の橋脚に激突して転覆。警察官4名と民間人3名が激流に飲み込まれたという。 
上流側の土手には、この惨害を繰り返さないよう木碑が立てられ、豊橋公園 には「四警官殉職の碑」が建てられている。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2018年01月20日撮影 】

(1)朝倉川に架かる境橋

(2)

(3)境橋から朝倉川上流を望む

(4)境橋から朝倉川下流を望む

(5)上流から見た境川
(6)「豪雨遭難之碑?」と書かれている様に見える

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ