行者の碑と馬頭観音    豊橋市小松町字南郷21番 このページを印刷
昔、東観音寺 に参詣しようとして、途中この地で亡くなった行者を弔うために、文政13年(1830年)に近所の人々が建てたのが行者の碑。 それ以後、この村は天災もまぬがれ、作物もよくとれ、村人の病気が少なくなったという。そして、この碑は、東観音寺参拝者の道案内役、小松原街道の道しるべとなってきた。  ― 説明板より ―
碑の横には、馬の守護神としての馬頭観音も祀られている。
東三河の石仏 詳しい地図はここをクリック   前のページへ戻る   表紙へ戻る
【 2020年01月11日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   前のページへ戻る   表紙へ戻る   このページのトップへ