別所城(宮平城)址  北設楽郡東栄町本郷字宮平
天文年間(1532-55)、長篠城 の菅沼元貞(元直)の臣・伊藤左京亮貞久が築城した。 その子・貞次は天正3年(1575)長篠の戦いの時武田方につき、甲斐に逃げたため廃城となった(間黒の庄(現在の豊根村)に隠棲した云う説もある)。 
居館跡の東栄中学校とその横のテニスコートの間を進んだ右手にあるが、ここは小高い山の上。  学校に通う中学生は毎日この山道を通うのか?・・・・

長篠の戦い 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2005年01月04日撮影 】

(1)学校の横のここを真っ直ぐ進む

(2)

(3)

(4)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ