戦橋   東栄町本郷宮平
国道151号から国道473号に入り、100m程進んだ所にある大千瀬川に架かる橋。
長篠の戦いの時、武田側についた 別所城 は、大千瀬川を挟んでの戦いになったという。 その時ここに橋を架けたことから「せんばし」と呼ばれるようになったとか・・・・・


このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2018年08月08日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)橋の上より上流を望む

(7)橋の上より下流を望む

(8)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ