曹洞宗大覺山厳王寺(ごんのうじ) 田原市赤羽根町寺山15
明応9年(1500)に 田原城主、戸田左近尉政光によって開基されて以来、490年の時を経て今に至る古刹で、渥美開運大師二十一霊場5番札所
本堂正面に位置する山門はどっしりとした風格を漂わす造りで、江戸時代中期に建立されたものと推定されている。
この山門は赤羽根町において現存する最も古い木造建築物の一つで、 市指定有形文化財 の第1号に指定されている。


戸田氏 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

この山門は、市指定有形文化財 の第1号

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

PHOTO-12

PHOTO-13

PHOTO-14

PHOTO-15

PHOTO-16

PHOTO-17

PHOTO-18

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ