西行法師歌碑  田原市伊良湖町
文治2年(1186) 西行法師が69歳の時、東大寺大仏殿再建の勧進のために伊勢二見ヶ浦から伊良湖へ渡航し、奥州へ旅する時に詠んだ歌
  波もなし いらごが崎にこぎいでて われからつける わかめかれあま
の歌碑が、伊良湖港旅客ターミナルの傍で、海を眺めながら建っている。
また、この時に持仏を納めたという 瑪瑙寺 は、赤羽根ロングビーチの所にある。

西行法師 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ