12等級 伊川津神明社・伊川津遺跡  田原市伊川津町郷中87
伊川津神明社の創建は平安時代の寛平元年9月13日という。 
祭神は天照大御神、応神天皇、素盞嗚命、市杵嶋姫命で、例祭日は9月13日。
境内には伊川津遺跡があり、縄文時代後期から晩期の遺物や人骨が出土し、中でも叉状研歯のある頭骨や有髯土偶は全国的に有名で、昭和49年 10月 9日  愛知県指定史跡 にもなっている。
伊川津神明社境内では貝が堆積した所もあり、貝塚から発掘された考古資料は渥美郷土資料館 に展示されている。
詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年09月08日更新 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

PHOTO-12

PHOTO-13

写真をクリックすると拡大画像が表示され、もう一度クリックすると元に戻ります。
 

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ