14等級 伊豆神社の大杉とセッコク  北設楽郡設楽町田内字宮下東7
伊豆神社の創建は天文5年(1536年)12月3日、火牟須比命(ほむすびのみこと)」 、大山祇命(おおやまつみのみこと)、菊理姫命(くくりひめのみこと)を祀ったのが始まりという。 例祭日は11月3日。
社殿の手前には 樹高 30m、幹周り 4.68m の真っ直ぐに伸びた杉の木があり、御神木になっている。
幹の根元近くにはセッコクが着生していて、5月30日、白い可憐な花を咲かせていた。
すぐ横には、「したらの樹木」 で紹介されている サカキ(榊) の木がある。
セッコク 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2015年05月30日撮影 】

(1)ここから町道129号田内中道上線に入ってひたすら行くと・・・・・

(2)神社は、この急カーブの右手にある。

(3)

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)雄狛犬の口の中は真っ赤・・・・・

(11)

(12)

(13)

(14)

(15)

(16)

(17)幹の下の方にはセッコクの花が咲いている

(18)

(19)

(20)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ