後藤善心之塔・白鳥山城(津具村古城・奥津城) 北設楽郡設楽町津具字白鳥 1977年12月1日  町指定天然記念物
後藤善心は、白鳥山城を築き武田信玄 につくが、永禄5年(1562)今川氏真 の命で渡辺平内次らによって落城となる。この後、津具城を築いて移るが、1570年松平勢の名倉奥平喜八郎信光の夜襲で落城となり討死した。
白鳥山城(別名:津具村古城・奥津城)は津具白鳥神社 の山の中腹、この塔の周辺にあったようだが、遺構は残っていない。


武田信玄  今川氏真 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年09月12日更新 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ