鳳来寺仁王門   新城市門谷字鳳来寺1 昭和28年(1953)11月14日 国指定重要文化財
鳳来寺参道を進み、1425段の石段を中ほどまで登ったところに鳳来寺仁王門はある。 現存する仁王門は、慶安4年(1651)、江戸幕府3代将軍徳川家光の寄進によって建てられた入母屋造、銅板葺き(元は檜皮葺き)、天竺様式の朱塗りの重層楼門で、国の重要文化財に指定されている。
     鳳来町誌「 鳳来寺仁王門
ここから少し登ると、日本一と言われる杉の巨木、傘杉 がある。
東三河の寺院 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
   

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)写真をクリックすると拡大表示されます

(6)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ