満光寺・鈴木重勝の墓  新城市下吉田字田中140
曹洞宗の禅寺で山号は青龍山、本尊は十一面観世音菩薩、東三河四郡弘法大師62番霊場奥三河七観音の5番寺。 山門は新城市の指定文化財 になっている。 徳川家康 が若かりし頃、武田軍に追われて逃走の途中ここに宿をとった時、鶏の声に命を助けられ、寺領三石の黒印状を与えたという話は有名。   やまよしだの昔話「 満光寺のにわとり
戦国期に入った明応 9年(1500)の頃、戦乱により廃墟となっていた満光寺を、曹洞宗の禅寺として再興したのが 柿本城主の 鈴木長門守重勝 だという。 本堂裏手の山の斜面には鈴木重勝とその妻の墓碑が祀られている。
東三河の寺院  東三河の墓碑 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2010年04月07日撮影 】

(1)

(2)秋には彼岸花が出迎えてくれる(2015.9.20)

(3)満光寺山門

(4)

(5)

(6)

(7)写真をクリックすると「満光寺のにわとり」の昔話へ

(8)庭観音

(9)

(10)

(11)写真をクリックすると昔話のページへ

(12)菩提樹

(13)姫沙羅

(14)満光寺庭園

(15)庭園のスイレン(2012.7.10)

(16)水芭蕉(2013.3.26)

(17)蝋梅(2017.2.1)

(18)柿本城址(鈴木長門守重勝之城址)

(19)開基堂

(20)鈴木重勝宝篋印塔:鈴木重勝と妻の墓、鈴木重好と妻の墓

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ