黄柳野のカヤの木 新城市黄柳野字郷ヶ平
嘉永6年(1853年)に現所有者手塚氏の先祖が 法正寺 からこの場所を譲り受けたもので、幹周 5.6m、樹高 13.9m、推定樹齢 500年以上のかやの木。
広い平地の中に聳えているので、遠くからでも確認できる。
昭和34年(1959) 8月25日  市指定天然記念物 になっている。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ