村是在山林の碑  新城市下吉田紺屋平75
明治時代の山吉田の先覚者であった豊田成章が、山村の山吉田にとって村有林の育成が大切であることを示した「村是在山林」の碑で、山吉田ふれあいセンターの横に建てられている。
明治6年(1873年)に開校した山吉田村立山吉田小学校は、この村有林の木材を使用して建てられたという。 そして、平成25年(2013年)4月3日に誕生した木造2階建の黄柳川小学校 も90%以上の地域材を使用しているという。
東三河の史跡 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2019年02月01日撮影 】

(1)山吉田ふれあいセンターの横にある

(2)

(3)

(4)村是在山林

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ