柳田前激戦地  新城市八束穂字天王
長篠・設楽ヶ原の戦いにおいて、武田軍と織田・徳川連合軍の最前線の間に流れていたのが連吾川。
その連吾川にかかっている橋のところが柳田前激戦地で、武田軍の武田信廉内藤昌豊原昌胤 らが激戦を繰り広げた。また、生き残った武田軍の各隊が合流して最後の突撃を行った場所でもある。
また、この柳田の辻まで押し戻され、自らの命を断った甘利信康の碑 は、辻の角にある。

武田信廉  内藤昌豊  原昌胤  甘利信康 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ