鈴木金七夫妻の墓  新城市作手田代
長篠設楽原の戦いで、鳥居強右衛門 と二人で長篠城 を脱出して、岡崎の織田・徳川連合軍に救援を求めに向かった鈴木金七(金七郎重正)は、後に作手田代に帰農し、今でも鈴木家は存続しているという。
鈴木金七郎重正の墓は、県道437号(作手清岳新城線)から大田代地区に向かい、大田代のバス停を過ぎて数m先を左に入った山の中腹にある。
鈴木金七誕生の地 は、富永地区にある。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年05月09日撮影 】

(1) 大田代のバス停を過ぎて、数メートル先のここを上って行く

(2)  矢印の所から山の中に入って行く

(3) ここを上って行くとすぐに・・・

(4) 右手に墓石が見える

(5)

(6)
(7)
(8) 鈴木金七誕生の地 は、富永地区にある

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ