中山砦歴史公園  新城市乗本舟津
天正3年(1575年)長篠・設楽ヶ原の戦いの際に武田勝頼が15,000の兵を従え、長篠城を包囲した君ヶ伏床砦、姥ヶ懐砦、鳶ヶ巣山砦、中山砦、久間山砦の5砦の一つ。
しかし、新東名高速道路の建設でこの砦は無くなり、代わりに、平成27年10月1日、中山砦歴史公園が整備され、ここに 「中山砦跡碑」 がある。
県道69号豊橋乗本線から 鳶ヶ巣山砦 に向かって進み、途中、右鳶ヶ巣山砦、左中山砦という分岐点を左折、後はひたすら標識に従って進むと、高速道路沿いに新しい道が出来ており、公園まで車で行ける。
長篠・設楽ヶ原の戦い 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2016年04月16日撮影 】
PHOTO-1

右へ行くと 鳶ヶ巣山砦
ここを左に行き、以後、「中山砦」 の標識に従って進む。

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

高速道路の右側の道を、向うから手前に通って来る。

PHOTO-7

公園の展望台から高速道路を見る。

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ