内藤修理亮昌豊陣地・内藤修理亮昌豊之墓 新城市八束穂字天王
内藤昌豊 は武田24将の一人で、長篠の戦いでこの天王山に陣を張り、1,500の兵を率いて柳田前激戦地 で織田・徳川連合軍と激戦を繰り返す。
しかし、その後武田方は劣勢となり天王山の陣地に退き、武田勝頼の旗が退いていくのを見とどけた後、押し寄せてくる敵の攻撃を防ぐが、最後はここで戦死。
設楽原古戦場いろはかるた  内藤の 陣地も墓も 天王山

設楽原の戦い    内藤昌豊  武田勝頼 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ