設楽家竹広陣屋跡  新城市竹広
寛政元年(1789年)、川路城 主設楽貞通の次男貞信の子孫にあたる設楽貞喬が700石で構えた陣屋。
宝暦年間(1751〜1764年)以降は出沢村の郷士瀧川氏が代官を世襲して、明治2年(1869年)まで存続したという。
現在は住宅、畑地に変わっているが、屋敷地には井戸が残り、建物は出沢の瀧川家住宅の一角に移築されている。
埼玉県さいたま市の設楽様から情報をいただきました。ありがとうございました。
東三河の城・屋敷跡 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2019年03月22日撮影 】

(1)設楽原歴史資料館南の信号を南下してすぐ右手

(2)道路の下に石柱がある

(3)設楽家竹広陣屋跡

(4)石柱の所から更に右の方に行くと…

(5)井戸が残っている

(6)屋敷は瀧川家住宅の敷地に移築されている

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ