野田館跡  新城市野田字川原畑
11世紀末頃、藤原季兼は稲木にあった 稲木長者(依田氏)を滅ぼし、次第に勢力を拡大していった。 1175年、3代清季はここに野田館を築いて千秋氏を名乗り、以後、千秋氏は6代続く。 その後、富永直郷が足利尊氏の命を受けて野田館へ入り、大野田城 を砦とした。
富永氏もまた7代続いた後、田峯から菅沼定則(野田城初代城主)がここに入ったが、1516年、本城( 野田城 )を築き移った。
現在は一面畑地に変わり、遺構は残っていない。

菅沼定則  詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 

(1)

(2)

(3)写真をクリックすると拡大表示されます

(4)稲木長者屋敷跡

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ