川尻城跡 創造の森城山公園  新城市作手高里字城山
応永31年(1424)3月、三河奥平氏の初代の奥平貞俊によって城山(標高570m、比高差40m)に築かれたが、手狭なために 1年もたたずに亀山城 を築いて移り、ここは支城として残る。
現在は創造の森城山公園として利用され、冬には マンサクの花 が、春には、梅や 水芭蕉の花 が楽しめる。


詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2012年09月10日撮影 】
PHOTO-1

左に上っていくと、PHOTO-3へ
ここへ来る手前を左に入ると、城山北側の駐車場がある。

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

PHOTO-11

PHOTO-12

PHOTO-13

PHOTO-14

PHOTO-15

城址からの眺め

PHOTO-16

PHOTO-17

<拡大表示>

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ