半原藩邸跡・八名高等小学校跡    新城市富岡字大屋敷
1536年安部信盛が八名郡4000石の加増を受けて半原に藩邸を築き、明治維新まで続いて、廃藩置県により廃止された。
藩邸跡地には明治20年(1887年)4月に八名高等小学校が建てられたが、明治43年(1910年)3月に廃校となり、その跡碑が残っている。 
2019年3月18日に訪れたら、写真(2)の説明板が新しくなっていました。
東三河の城跡  東三河の廃校趾 このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年09月28日更新 】

(1)

(2)写真をクリックすると拡大表示されます

(3)写真をクリックすると拡大表示されます

(4)

(5)

(6)

(7)

(8)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ