設楽原決戦場まつり  信玄塚・設楽原歴史資料館・馬防柵
日本三大決戦の一つ、天正3(1575)年の長篠・設楽原の戦いは日本で初めて鉄砲が大量に使われ、その威力をまざまざと見せつけた日本史上に残る戦い。 その設楽原古戦場を舞台に、400年前の天正の昔をしのんで、火縄銃の実演や武者行列が戦国絵巻を再現する。
7月第1日曜日9:30〜、信玄塚 にて戦没者慰霊法要と火縄銃鎮魂の礼射、10:30〜 設楽原歴史資料館 前の芝生広場に於いて 決戦太鼓、創作演舞 が行われ、11時頃 雁峯山に狼煙があがると、武者行列が馬防柵 に集まる。
小中学生の子供武者による織田・徳川軍と武田軍の馬防柵対決が演じられ、最後に、火縄銃演舞が披露される。
日本三大決戦(長篠の戦い 関ケ原の戦い 小牧長久手の戦い 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2013年07月07日撮影 】
PHOTO-1

信玄塚で火縄銃鎮魂の礼射

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

設楽原歴史資料館の物産展、決戦太鼓、創作演舞

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

雁峯山に狼煙があがり

PHOTO-9

連吾川沿いに武者行列が続く

PHOTO-10

PHOTO-11

PHOTO-12

PHOTO-13

織田・徳川軍が馬防柵に

PHOTO-14

PHOTO-15

武田軍が連吾川に沿って陣取る

PHOTO-16

武田勝頼率いる武田軍

PHOTO-17

PHOTO-18

武田軍は馬防柵に向かって攻めるが

PHOTO-19

火縄銃に撃たれてその場に倒れる

PHOTO-20

土屋昌次が馬防柵に辿り着くが

PHOTO-21

一斉射撃によりその場で戦死

PHOTO-22

最後に火縄銃演舞が披露される 

PHOTO-23

PHOTO-24

PHOTO-25

PHOTO-26

PHOTO-27

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ